コジコジ 関連グッズのごあんない


『COJI-COJI』1〜4巻

1994年連載開始から現在まで、今なお進行形のコジコジ原作コミック


さくらももこ劇場 コジコジ DVD-BOX デジタルリマスター版

メルヘンの国を舞台にしたシュールなギャグアニメーションがデジタルリマスターで登場!

コジコジ おしらせ

◎ドコモの「しゃべってキャラ」でコジコジと楽しく話そう!!
http://shabechara.jp/pip/386103/index.html
※スマートフォンでご覧ください。

◎きせかえサイト『プレイトイズ』にコジコジきせかえが登場!
可愛らしい3種類のロックスクリーンにコジコジの仲間たちのアイコンが楽しめます。
http://playtoys.jp
※フィーチャーフォン専用サイトのみとなります。
※応募には会員登録(324円/月)が必要です。

◎さくらももこの公式スマートフォンサイト!!
コジコジのカレンダー、壁紙も配信!!
http://sakura-momoko.net

◎動画配信サイトdビデオ(docomo)とUULA(SoftBank)でアニメ「さくらももこ劇場 コジコジ」全話配信開始!!

COJI−COJIって何?

動物なのか人なのか?
男なのか女なのか?
地球上の生き物なのか宇宙から来たのか?

……コジコジには何の肩書きもありません。
いわば“存在”のみの根源的なキャラクタ ーです。
無為自然に生きる。

……コジコジは完璧にピュアな存在ゆえに、そのままでただ生きます。
コジコジの邪気のない発言は、その素朴さゆえに新鮮かつ真理だったりする のです。

映画「フォレスト・ガンプ」にも通じる世界を、さくらももこは5年も前から 「コジコジ」という作品で呈示し続けてきました。
さらにこの作品のユニークなポイントとして“メルヘンの国を舞台にしたファンタジ ー”と“とにかく大爆笑のナンセンスギャグ”という2つの概念が共存している点が挙 げられます。

前述の“深読みしようと思えばどこまでも深い”コジコジのキャラクター と相まって、男児&女児から大人まで楽しめる豊かな作品世界が展開されていきます。

スタッフ


原作・脚本 さくらももこ
監督 高木淳
(代表作:南国少年パプワくん、七つの海のティコ)
音楽 島津秀雄
キャラクターデザイン 船越英之
美術設定 高野正道
美術監督 鈴木聡
音響監督 早瀬博雪
プロデューサー 早船健一郎
オープニング 「コジコジ銀座」(ホフディラン)
エンディング 「ポケット・カウボーイ」(電気グルーヴ)
尚、1999年2月より「死ぬほど恋して」(カジヒデキ)


  コジコジ作品リスト


キャスト

キャラクター 声優 キャラクター 声優
コジコジ あおきさやか お正月君 田中伸幸
次郎 高乃麗 うめばち姫 雪絵れな
ゲラン 西原K太 おかめちゃん 永吉由佳
ハレハレ君 天神有海 吾作 木内力也
ジョニー 池田桂子 カツブー/ひな子 荘真由美
コロ助 石塚堅 うさ子 石田よう子
やかん君 秋山じゅん タヌキ サエキトモ
カメ吉 上別府仁資 ムーア 大栗伸慶
ペロちゃん 大塚智子 ゾ^ごうた 小谷伸子
頭花君 石川大介 ピロロ 古山きみこ
ルル 宮城満希子 フー 松本美和
トミー 徳永悦子 先生 西松和彦
スージー TARAKO ローズ 高橋広樹
ブヒブヒ 千葉進歩 次郎の母 青山佳代
テル子 菅原文 物知りじいさん 杉野博臣
ドーデス 泉尚摯    

キャラクタープロフィール


コジコジ(声:あおきさやか)

年齢も性別不明な謎の宇宙生命体。住む家もなく、何の役にたっているかもわ からないが、地上や海の小動物達と遊び、自作の歌をうたっては、ぶらぶら自由 に暮らしている。
打てば響くような純真さは馬鹿と紙一重だとか、やはりただの 馬鹿だとか言われているが、本人は気にしていないらしい。


次郎(声:高乃麗)

飛べない鳥、泳げない魚、誰が呼んだか半魚鳥の次郎。席がコジコジの隣なので、常にコジコジのズレた科白に対して、天性のツッコミセンスを発揮する役回りである。
実はかあちゃんが一番の苦手。


ハレハレ君(声:天神有海)

下駄を飛ばしてお天気を占うお天気の神様。
シャイな性格のために友達ができ なかったが、ジョニーとの間にやっと芽生えた友情には、何やら危険な香が……。
クラスの中では物知りで通っている。


ジョニー(声:池田桂子)

ハレハレ君の友達になるために、記憶を消されて人間界から連れてこられた、メルヘンの国で唯一の人間。
ブルガリア人らしい。時々昔の記憶がトランス状態で甦るが、たいした記憶でないことが多い。


ゲラン(声:西原K太)

高橋留美子先生を敬愛し、有名人のサイン集めが趣味の、太陽の城の王様。
ほめ言葉に弱く、お人好しで無邪気な一面を、ブヒブヒたちにつけ込まれてだまされたりする。
クラスのまとめ役の一人である。


ドーデス(声:泉尚摯)

雷の城の王様で、同じ王様のゲランと仲がいいようだが、今のところそれ以上 は不明である。
時折発する「ドーデスカ!」という口癖と、シニカルな物腰から、 かなりのクセ者を予感させる。


ルル(声:宮城満希子)

可愛さを絵に描いた様な天使。吾作の妹で、自意識が過剰な一面もあるが、そ こがまた可愛い。
神様の写真(実は偽物)を見てすっかり神様のファンとなり、 憧れに乙女心を焦がしている。


吾作(声:木内力也)

ルルの兄だが名前は吾作。天使なのにらしくない容姿に、かなりのコンプレックスがある様子。
その屈折からか、悪者のスージーに一目惚れしてしまったこと も。芝居心があるという意外な特技を持つ。


スージー(声:TARAKO)

謎のナゾ怪人。ブヒブヒとつるんでは悪知恵を働かト、人をだましてガックリさせるのを生きがいにする、迷惑な女である。
メルヘンの国には珍しく、オト ナの女の色っぽさも持っていたりする。


ブヒブヒ(声:千葉進歩)

盗み、いじめ、乱暴、破壊、悪いことなら何でもござれのワルの化身。 何故こんな悪魔がメルヘンの国にいるのかは不明だが、コジコジの天然パワーを相手にすると、どうもペースを乱されて分が悪い。


トミー(声:徳永悦子)

隠れた人気者、カエルのトミー。ペロちゃんやテル子達の仲良しグループとよ く行動を共にしている。 その素朴なキャラクターは、アクの強いクラスのメン バーの中で、例外的にいたってフツー。


テル子(声:菅原文)

クラス一の友達思いは、てるてるぼうずのテル子。ペロちゃんやうさぎのうさ 子と仲良し。 やかん君のペロちゃんへの恋心に気付き、密かにやかん君のことを 応援している。その姿は実に健気である。


ペロちゃん(声:大塚智子)

光の粒。頭が良く、しかも謙虚で他人思いの良い子。クラスの女子の中心的 な存在として慕われている。 やかん君の恋心には気がついていないため、その優 しさが、かえってやかん君には辛い。


やかん君(声:秋山じゅん)

やかん科。ペロちゃんのことが好きで、興奮する余り沸騰してお茶を沸かすのが特技。 そのお茶の美オさをカメ吉が認めてくれたことから、二人の間には堅 い友情が結ばれたのであった。


カメ吉(声:上別府仁資)

やかん君が沸かすお茶をこよなく愛し、茶の道を追求するカメの精。 普段は地 味で目立たないが、本気で怒ると形相が変わり、特殊なパワーを発揮する。必殺技に異次元殺法「カメの思い出」がある。


物知りじいさん(声:杉野博臣)

物知りの精。メルヘンの国では有名人。だが、コジコジたちの下らない質問には四苦八苦する。


コロ助(声:石塚堅)

雪だるまの精。暖かいところが好き。

©さくらももこ/日本アニメーション